40代50代のシミを隠すファンデーションは色選びにあった!

40代、50代のシミをキレイにファンデーションで隠すためにはどうしたらいいでしょうか?

気になるシミをコンシーラーで隠したくなりますが、コンシーラーは肌への刺激となるだけでなく、シミをかえって濃くしてしまう場合もあり注意が必要です。

とはいっても、コンシーラーを使わずファンデーションだけでは、シミが上手く隠れずなかなかきれいな仕上がりにはなりません。

きれいにシミを隠す方法はないかBAさんに相談したところ、ファンデーションの色選びがポイントだとか。色選びを正しく変えるだけで、コンシーラーも使わずシミを隠すことが出来ました!

今回は、BAさんに教えてもらった、40代50代のシミを隠すファンデーションの色選びのコツとメイクの仕方についてシェアします!記事後半では、おすすめのファンデーションも紹介していますので、ファンデーションの色選びに悩んでいる方は参考にしてくださいね。




色選びは「フェイスライン」でチェックが基本

「ファンデーションの色選び」などのキーワードで検索すると、顔と首の境界線、つまりフェイスラインの色に合わせて選びましょうと多くのサイトで紹介しています。

雑誌などにもフェイスラインでチェックするとよいと書かれていて、つまり、多くで紹介しているこの方法が、ファンデーションの色選びの基本となるようです。

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんは、具体的に、「顔の中でも首に近いフェイスラインあたりの肌色で選ぶ」といろいろなメディアでアドバイスしています。

でも、フェイスラインの色とファンデーションの色を合わせようと思っても、ピッタリ同じ色ということはないから悩むのよねぇ・・・

イエロー系がいいのかピンク系がいいのか、明るめの色がいいのか、暗めの色がいいのか迷ってしまいますね。

迷ったら暗めの色を選ぶ

40代、50代のお肌はくすみがち。なので、迷ったら暗めの色を選ぶと間違いないそうです。

イエロー系とピンク系どっちがいいの?

リハビリメイクの提唱者かづきれいこさんは、研究を重ねた結果イエローベースが日本人の肌を一番きれいにみせてくれるとしています。イエローベースには、赤みやくすみを目立たなくし、肌に透明感をだす効果があるのがあるそうです。

シミやくすみが目立つ40代、50代のお肌には、ピンク系よりイエロー系、そして暗めのトーンを選ぶと良いことがわかりましたね。

暗い色は、抵抗感があるという方もいるかと思いますが、そのような場合には、暗めのBBクリームを下地代わりにして、ファンデーションは、フェイスラインに合わせた時の明るめの色にします。

40代、50代のシミをファンデーションできれいに隠すには、

「ベースはイエロー。迷ったら暗めの色を選ぶ」

覚えておくとファンデーションの色選びにもう迷いません!

ファンデーションでシミを消す方法

シミや肝斑などは指の腹を使って、暗めのファンデーションまたはBBクリームでシミを消すようにのせていきます。

指の腹で周りをぼかすようになじませてから、ブラシを使ってファンデーションを顔全体につけて下さいね。

★シミを消すメイク方はこちらの記事で詳しく紹介しています

BBクリームとミネラルファンデでシミ毛穴ニキビ跡も消すメイク法

粒子の細かい保湿力のあるファンデーションを選ぶのがコツ

プチプラファンデは卒業しよう!

プチプラファンデは、価格が魅力的ですが、粒子が細かくないので、小じわや毛穴が目立った浮いた感じになってしまいます。

毛穴も小じわ目立ち、メイクが崩れやすい40代、50代のお肌には、メイクでいくら上手くカバーできても、時間が経つと、よれたり、くすんだりしてメイクが汚くなってしまうんです。

綺麗な仕上がりを目指すならプチプラファンデは卒業しましょう。

仕上がりが良くなるファンデーションの選び方のコツは、「粒子が細かく保湿力のあるファンデーション」です。

保湿力が高く粒子の細かいのは、デパコスやブランドコスメのファンデーション、または、通販などで評判の美容液ファンデーションや無添加ミネラルファンデーションです。

通販のファンデーションは、トライアルセットもあるので、いろいろ試して、綺麗な仕上がりになるファンデを選んでみて下さいね。

敏感肌の方におすすめの無添加ファンデでシミを隠してみた

今回は、HANAオーガニック ウェアルーUV(オーガニックUVベース)とトゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション(無添加ファンデーション)の組み合わせでシミを消してみました。

無添加ファンデーションでも色選びを間違えなければ、ここまでききれいに仕上げることが出来るんです!

無添加ファンデーションもいろいろありますが、個人的にこの組み合わせが、40代、50代のくすみがちなお肌の色と合わせやすく、毛穴もきれいに埋めてくれるだけでなく崩れにくいので気に入ってます。

SKⅡのファンデーションは、とても気に入っていたのですが、ある日突然、かゆくてかゆくてつけていられなくなってしましまいました。

今思うと、更年期と関係しているのかなと思っています。

40代半ばから更年期の症状で、ホットフラッシュに悩まされるようになってから急に蕁麻疹が出たりと、今まで大丈夫だった化粧品が突然ダメになったりの繰り返しです。

それ以来、無添加ファンデーションに切り替え今はメイクをしています。

HANAオーガニック ウェアルーUV

HANAオーガニック ウェアルーUVは、BBクリームとして使えるオーガニック処方の色のついたUVベースです(SPF30・PA++)。完全無添加だから敏感肌でも使えます。

天然ローズの力で自然治癒力を高めスキンケアしながら、ファンデーションがわりにメイクできる優れもの。

色展開は、ピンクベージュとイエローベージュの2色展開。40代50代のくすみがちのお肌には、イエローベージュがおすすめです。

HANAオーガニック ウェアルーUVを下地代わりに使う

HANAオーガニック ウェアルーUV(オーガニックUVベース)は、これ1本で使うという方法もありますが、40代、50代のお肌は、しみやくすみ、肝斑があって、HANAオーガニック ウェアルーUVだけだときれい隠せないんですね。

ですので、日焼け止め代わりの下地として使います。SPF30・PA++なので日常使いの日焼け止め効果としては十分な紫外線防止効果です。

肌に優しいので、キシキシしたり、肌への圧迫感のようなものがありません。とにかく肌に優しくかゆくなったりすることからいい!

更年期で、化粧品が合わなくなってきている人や敏感肌の方のおすすめです。

最後にミネラルファンデーションで仕上げるので、ウェアルーUVは、薄く薄く塗るだけにします。白浮きしないので使いやすいです。

HANAオーガニック ウェアルーUVをコンシーラー代わりに使う

気になるシミを消すように、指や綿棒を使ってHANAオーガニック ウェアルーUV(オーガニックUVベース)を塗り重ねます。指の腹で輪郭をぼかすように塗ってくださいね。

完全無添加でベースを仕上げるので、肌ストレスがありません。肌に優しい化粧品を探している方に、HANAオーガニックは一度試してみて欲しい化粧品です。

オーガニック処方のノーファンデUV【ウェアルーUV】 HP

※HANAオーガニック ウェアルーUVは、HANAトライアルセットでも試せます。

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

ミネラルファンデーションといえば、オンリーミネラルやエトヴォスのパウダータイプのミネラルファンデーションが人気です。

でも、パウダータイプは、粉飛びして使いにくく、落ちやすい、携帯に使いにくいというデメリットがあります。

肌に優しく携帯にも便利なコンパクトタイプのミネラルファンデーションはないかといろいろ探して見つけたのが、トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション。

オンリーミネラルにもエトヴォスにもコンパクトタイプのミネラルファンデーションはありますし、ほかにもコンパクトタイプにミネラルファンデーションを揃えているところはありますが、私にとって使用感、仕上がりが一番良かったのがトゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションです。

使用感は好みなので、いろいろ試してみるといいと思います!

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションの色展開は、ライトナチュラル、ライトオークル、オークル、ベージュオークルの4色です。附属のパフは使わず、ブラシを使ってつけています。(※ブラシはセットになっていません)

ベージュオークルは、黄色みの強い肌、赤みが気になる肌向けのカラーです。

ちなみに私は、オークルを選んで使っています。

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション HP

40代50代のメイクはひと手間で仕上がりに差が出る!

40代50代のお肌は、シミだけでなく肝斑、くすみもあるので、メイクでシミを消そうと思ったら、ひと手間かけないとシミが目立たない仕上がりにはなりません。

シミを消すためにコンシーラーを使いたくなりますが、コンシーラーは肌への刺激になるだけでなく、肝斑を濃くしてしまいます。

肌に刺激を与えずシミをきれいに消すには、フェイスラインに合わせた暗めのカラーのファンデーションをコンシーラー代わりに、フェイスラインに合わせた明るめのカラーを仕上げにと2色使いでメイクするとシミも目立たなくなります。

シミをメイクでキレイに消したいと思っている方は、是非試してみてくださいね。

※ファンデーションでシミを隠す方法は、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

BBクリームとミネラルファンデでシミ毛穴ニキビ跡も消すメイク法