50代のシミをファンデーションできれいに隠す方法

50代になると、肝斑や濃いシミにキメの悪さで、鏡の中の自分を諦めてしまいがちになりますね。

実は、ちょっとしたポイントに気をつけメイクをするだけで、シミが目立たないきれいな仕上がりを手に入れることが出来ます。

諦めるにはまだ早い!

私が、実践しているファンデーションできれいにシミを隠す技を紹介します。

お化粧できれいにシミを隠す技を身につける

肌がくすんでいたり、シミが目立っているいるだけで、見た目の年齢が実年齢よりも5歳くらい老けた印象になります。

50代になるとくすみやシミに加え、肌のキメの悪さも手伝って、40代に比べてグッと老けた感じになりがちです。

そこで、見た目の印象をなんとかしようとメイクを頑張ります。

でも、お肌の衰えが影響して、

  • ファンデーションでシミが上手に隠せない
  • シミを消すために厚塗りして厚化粧になってしまう

このように、メイクでも解決できず悩みます。

だんだん、鏡の自分を見るのも嫌になって、きちんとメイクすることにも諦めてしまいます。

実は、50代のくすみや目立つしみをお化粧で自然に隠すには、メイクの仕方よりもまず、楽にメイクが出来る下地やファンデーションの選び方が重要です。

メイク用品選びから始めて、お化粧できれいにシミを隠す技を身につけ見た目の年齢を若返らせましょう。

この記事では、50代のシミをファンデーションできれいに隠すアイテムの選び方、普段のスキンケアから、50代の濃いシミを消す方法をまとめています。

具体的なメイク方法については、こちらの記事に書きました。すぐにメイク法を知りたい方は、こちらの記事をお読みくださいね。

参考記事 BBクリームとミネラルファンデでシミ毛穴ニキビ跡も消すメイク法




50代のシミをファンデで消すには時短できる化粧下地を選ぶ

ファンデーションで厚ぼったく見えないように、シミやくすみを隠すには、化粧下地の選び方やつけ方が重要なポイントになります。

化粧下地は、一般的に下地専用のものを選ぶ方が多いと思いますが、化粧下地ってきれいに仕上げるには、結構難しいと感じたことはありませんか?
スポンジを使って、色ムラにならないようにしたり、シミの部分には重ね塗りするなど、コツをマスターしないとなかなかきれいにシミが隠せません。

そこで50代のお肌には、化粧下地よりも、もっと簡単に時短でシミや肝斑を隠してくれる下地を使います。
扱いやすくておすすめなのが、くすみをカバーするBBクリームです。

BBクリームもいろいろありますが、下地用には、保湿、日焼け止め、ファンデーションと複数機能を持つBBクリームや美容液ファンデーションなどを使うのがポイントです。

50代の気になるシミをコンシーラーがわりにBBクリームで消す

下地の機能もあるBBクリームは、1本でメイクができるのでお手軽感ですので、すでに使っている方、持っている方多いと思います。

しかし、BBクリームだけではシミや肝斑は、シミが薄く透けてしまって、上手にカバーできません。

そのため、50代の方がBBクリームを使うときには、下地として使います。そして、気になるシミをBBクリームでコンシーラーのように丁寧に消してあげます。

こうしたひと手間で、肝斑が目立たないきれいな仕上がりを目指します。

BBクリームは、厚塗り感とベタつきがデメリット

BBクリームは、テクスチャが固めなのでシミを消すのにはとても使いやすいです。

これまで、ずっとBBクリームでシミを隠してきたのですが、BBクリームは、もともと1本でメイクが仕上がる機能になっているので、仕上げにミネラルファンデーションを使うと、厚塗り感が出てしまいます。

また、BBクリームって、ベタつくタイプが多いんですね。

そのため、夏場は崩れやすく、プチプラBBクリームでは、ヨレてしまうのが欠点です。下地として使う時は薄く、薄くするのがコツです。

美容液ファンデを使うとBBクリームよりきれいに仕上がる!

最近人気の美容液ファンデーションは、美容液成分配合のメイクしている間もスキンケアできるところが人気の肌に優しいファンデーションです。

BBクリームも贅沢に美容液配合したものがあります。ランコム UV エクスペール BBや、マキアージュ パーフェクト マルチベース BBなどは、贅沢に美容液配合した人気のBBクリームです。

お財布に優しいプチプラBBは、メイクしてすぐは、綺麗に仕上がっても、時間が経つと寄れてくすんできます。

綺麗に仕上げたいならプチプラBBは、選ばない方が無難です。

それから、テクスチャが思いと野暮ったい感じになるので、選ぶときはテクスチャの軽いものを選ぶようにしてくださいね、

敏感肌ならデパコスBBより無添加美容液ファンデ

年齢を重ねると、肌が敏感になって、無添加物以外ではメイクをしたくない、という方が私の周りには多くいます。

デパコスBBは、優秀ですが、敏感肌の方には日常的には使えません。

無添加タイプの美容液ファンデに良いところは、テクスチャーがさらっとしていて、メイクしているのに圧迫感がなく皮膚呼吸をちゃんとしてくれるところです。

できれば、無添加の美容ファンデで、シミをしっかり隠したいですね。

そこで、私の手持ちの肌に優しい無添加系の美容液ファンデで、シミがきれいに消えるかやってみました!

2種類の無添加タイプの美容液ファンデを使ってみましたが、どちらもシミがキレイに消えました。

ウェアルーUV


ウェアルーUV

マキアレイベル


マキアレイベル

マキアレイベルは、Amazonでも購入できますが、初めての購入なら、公式サイトの方が安いです。送料も無料なので、気になる方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

いろいろ試して、美容液ファンデがBBクリームよりもきれいに仕上がることがわかり、最近では美容液ファンデーション派になっています!

仕上げ用にはミネラルファンデ

50代のお肌は、「BBクリームだけ」、「ミネラルファンデだけ」と1アイテムしか使わないでメイクすると、シミが目立って残念な感じになりますが、併用すると完璧な仕上がりになります。

ストレスフリーに軽く、軽く仕上げるには、ミネラルファンデーションが一番です。エトヴォスのパウダータイプのミネラルファンデもおすすめですが、使い勝手がいいのはコンパクトタイプです。

私が何度もリピしているのが、トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションは、コンパクトタイプのミネラルファンデーションなので携帯に便利です。
保湿力も高く、ミネラルファンデなので一日つけていても圧迫感がなく、かゆくならないので気に入って使っています。

気になる方は、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

美容液ファンデでシミを消す方法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

▼ひと手間で美容液ファンデでシミを消す技
https://b-life40.com/bb-how-to

ちょっとしたポイントに気をつけメイクをするだけで、肝斑や濃いシミが目立つ50代のお肌もシミが目立たないきれいな仕上がりになるので試してみてくださいね。

今回試したアイテム